【厨二妄想】実際にある専門用語だけでファンタジーっぽい世界観を作ってみた

世界史・歴史

・フィクションのファンタジー世界をイメージするような用語を集めて、それっぽい世界観にしてみました。

・ファンタジー世界のイメージの元になっている神話・聖書や古代~近世あたりのヨーロッパに関連する用語が中心です。

スポンサーリンク

・エルデ
 ドイツ語で「大地」。
・アビス
 英語で深淵、奈落、どん底、底知れない深い穴などの意味。
・ゲヘナ
 「地獄」の意味で用いられる言葉。エルサレムのゲヘナの地が罪人の死体を焼いて処理する場所だったことに由来する。
・セレスティアル
 英語で空の、天空の、天国の、などの意味。
・プルガトリオ
 スペイン語・ポルトガル語で「煉獄」。罪を負った死者の魂が火によって浄化される場所。
・エクメーネ
 ドイツ語の地理用語で、「人間が居住し社会を形成している空間」を指す。
・オルフェウス
 原始地球に衝突した天体。その衝撃で飛び散った破片が集まり月ができた。
・ニグレド
 錬金術のプロセスで黒化(腐敗)を表す概念。またユングの心理学のプロセスで、個々の「内なる影」との直面を指す。
・クリフォト
 ユダヤ教のカバラ(神秘主義思想)における概念。善であるセフィロト(生命の樹)の対になる悪の概念で、邪悪の樹(セフィロトを逆さまにした図)で表される。
・プロバティオ・ディアボリカ
 ラテン語で「悪魔の証明」。
・シックザール
 ドイツ語で「運命」。
・ワンダーラスト
 英語で旅行熱、旅心、放浪癖、放浪願望などの意味。
・ナヴィガトリア
 北極星の別名。ラテン語で「航海を導く星」の意味。
・コンキスタドール
 スペイン語で「征服者」を意味し、16世紀に新大陸であるアメリカ大陸の征服活動を行ったスペインの人々を指す。
・ザナドゥ
 「桃源郷」とも訳される、理想郷の代名詞として用いられる言葉。キサナドゥとも。
・インペリアル
 英語で帝国の、皇帝の、威厳のある、最上級の、などの意味を持つ形容詞。
・ノブレスオブリージュ
 ヨーロッパの貴族社会における道徳観で、身分の高い者には相応の責任・義務が伴うという考え方。
・サバト
 ヨーロッパで信じられていた魔女による悪魔崇拝の集会。魔女の夜宴などとも呼ばれる。
・ウィッチクラフト
 魔女術とも呼ばれる、魔術、呪術、妖術、まじない、占い、薬草など、魔女と関連付けられる知識や信仰。
・フェアリーリング
 「妖精の輪」と呼ばれる、キノコが輪の形をなして地面に生える現象。「フェアリーサークル」「エルフサークル」とも呼ばれ、海外の神話や伝承の中によく登場する。
・ネザーランド・ドワーフ
 オランダ(ネザーランド)で改良されたウサギの品種。通常のウサギよりも小型で、ペットとして人気がある。
・エルフ
 ドイツ語で数字の「11」の意味。
・ファイアサラマンダー
 ヨーロッパに生息するイモリ科サラマンドラ属の両生類。四大精霊の火のトカゲ(サラマンダー)はこの種を指すとされる。
・スナップドラゴン
 金魚草(キンギョソウ)の英語名。花の形が金魚やドラゴンの口に見えることに由来。
・ドラゴンズ・ブラッド
 竜血、麒麟血とも呼ばれる赤い樹脂。東南アジアやインド洋の島に生えるドラセナ(竜血樹)という木から採れる樹脂で、貴重品として取引され、薬や薫香として用いられる。
・アンバーグリス
 龍涎香(りゅうぜんこう)ともよばれる天然香料。マッコウクジラの体内で生まれた結石が乾燥してできるもので、希少性が高い。
・カテドラル
 カトリック教会で、司教座の置かれている聖堂を指す。大聖堂とも。
・ホロロギオン
 風の塔とも呼ばれる、ギリシャのアテネにある塔。紀元前2世紀ごろに建設されたとされる。
・シュヴァルツヴァルト
 ドイツ南西部のバーデン地方に属する地名。ドイツ語で「黒い森」を意味する。
・ポヴェーリア島
 廃病院や教会などが建っているイタリアの無人島。かつてペスト患者の隔離施設や精神病院として使われた。都市伝説的な噂が多く存在し、神秘的な場所となっている。
・クレイモア
 15世紀から17世紀にスコットランドで用いられた両手持ちの大剣。スコットランドのハイランダー(ハイランド民)などが用いた。
・ソードブレイカー
 峰の部分がクシ状になっている短剣。敵の剣を峰の凹凸で絡めるなどの使用法で、防御用の武器として用いられた。
・ガントレット
 西洋の甲冑の籠手。また、古くから行われている刑罰の一種で、ムチやこん棒で打ち付けてくる兵士の列の間を通り抜けるというもの。
・八つの枢要罪(すうようざい)
 カトリックにおける七つの大罪の元となったもの。その内容は「暴食」「色欲」「強欲」「憂鬱」「憤怒」「怠惰」「虚飾」「傲慢」で、後に「虚飾」「憂鬱」が「傲慢」「怠惰」になり「嫉妬」が追加され七つの大罪となった。
・黒い軍勢(ブラック・ブランズウィッカーズ)
 「黒公爵」の異名を持つドイツの軍人フリードリヒ・ヴィルヘルムが、ナポレオン軍のドイツ支配に抵抗するために組織した部隊。黒い服にトーテンコップ(ドクロの紋章)をあしらい、「復讐の軍勢」と称して戦った。
・最後の大隊(ラスト・バタリオン)
 第二次世界大戦において、敗戦間近のナチス総統ヒトラーが演説において存在を仄めかせた戦闘集団。その存在や詳細は不明。
・紋章記述(ブレイズン)
 紋章学で用いられる、紋章や旗に描かれる図柄の説明文。図柄が失われたとしても、記述を正しく解釈することで、それを基に復元することができる。
・死海文書(デッド・シー・スクロール)
 イスラエルの死海で発見された、紀元前3世紀ごろに書かれたと考えられる写本。聖書の写しや宝の隠し場所などが記録されており、歴史的・宗教的に貴重な資料。
・世界終末時計(ドゥームズデイ・クロック)
 核戦争などで世界が滅亡する日を午前零時とし、その残り時間を表す時計。実際に針が動く時計ではなく、終末までの残り時間を象徴的に示したもの。
・機械仕掛けの神(デウス・エクス・マキナ)
 物語の演出方法で、収拾がつかなくなった物語を強引な方法で解決する手法。絶対的な力を持つ神が現れ、その力により解決に導くという方法に由来する。
・イグニス
 ラテン語で「火」。
・オプスキュリテ
 フランス語で「闇」。
・マテリアル
 英語で原料、材料、素材、物質的な、形のある、などの意味。
・ブラックスミス
 英語で「鍛冶屋」。
・クリーガー
 ドイツ語で「戦士」。
・カヴァリエーレ
 イタリア語で「騎士」。
・ドラグーン
 英語で「竜騎兵」。
・リッターオルデン
 ドイツ語で「騎士団」。
・クルセイダー
 スペイン語で「十字軍」。
・レギオン
 ラテン語で「軍団」を表す言葉。古代ローマ軍団の呼称。
・ディティ
 英語で多神教の神・女神、神格、神位、などの意味。
・アンヘル
 スペイン語で「天使」。
・ディアボロス
 ギリシア語で「悪魔」。
・グリムリーパー
 英語で「死神」。リーパーとも。
・ファンタズマ
 イタリア語で「幽霊」。
・ラミア
 ラテン語で「吸血鬼」。
・ファミリア
 英語で「使い魔」。

参考サイト

俺が厨ニ妄想で使ってる単語を淡々と解説するスレ
http://blog.livedoor.jp/schoolunderground/archives/38330084.html

スポンサーリンク
無駄にかっこいい専門用語を集めて厨二っぽい世界観にしてみた
厨二っぽいカタカナ用語を集めてかっこいい感じの世界観を作りました。モンスターの名前みたいな言葉、技の名前みたいな言葉など。
【邪悪な《イビル》】厨二っぽいかっこいい英語の形容詞【80語】
語感や意味が中二病っぽくてかっこいい英語の形容詞を集めました。スペリオル(上位の)、ディバイン(神の)、アブソリュート(絶対の)、マリシャス(悪意のある)、ルナティック(狂気の)、ギルティ(有罪の)
【中二病カルタ】厨二っぽい「英単語」を50音でまとめてみた
漫画やゲームなどでよく見る厨二かっこいい英語の単語とその意味まとめ。アースクエイク(地震)アサシン(暗殺者)アノニマス(匿名の)イリーガル(不法の)インフェルノ(地獄)ヴァーミリオン(朱色)エンペラー(皇帝)
【160語】中二ルビで覚える英単語【二字熟語編】
一族(クラン)、組合(ギルド)、軍団(レギオン)、幽鬼(レヴェナント)、死神(グリムリーパー)、暴君(タイラント)、凱旋(トライアンフ)、災厄(ディザスター)、運命(ドゥーム)、終焉(デマイズ)、天罰(ネメシス)
「シュレーディンガーの猫」みたいな言葉まとめ【〇〇の××】
シュレーディンガーの猫のような、「何とかの何とか」みたいな構成の用語を集めました。物理学、哲学、ギリシャ神話の語句など、様々な分野の用語があります。
タイトルとURLをコピーしました